膝、関節の痛みに!


 

 

 

シニア世代の膝、関節の悩みに90%以上が実感!創源

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節の痛みアレコレ

関節の痛みと膠原病

関節の痛みの中には、膠原病が原因となっているものがあるのをご存知ですか?
関節の痛みと言うと「加齢と共に起きるもの」という印象があると思いますが、こうした病気が原因で起きることもあるのです。
では、何故膠原病が関節の痛みの原因になるのでしょうか。
膠原病がどうして関節の痛みの原因になるのか、それは膠原病の症状の一つである「慢性関節リウマチ」が、関節の痛みを引き起こすからです。
慢性関節リウマチになると、関節の痛みや腫れを引き起こすので、それが関節の痛みに繋がっていくのです。
酷くなると、手、足、膝、腰など全身に関節の痛みが広がり、関節の機能が破壊されてしまいます。
この慢性関節リウマチは膠原病の中でも発症率が高く、多くの患者が関節の痛みに悩まされています。
膠原病と関節の痛みには、こうしたつながりがあるのです。

 

関節の痛みの原因でもある膠原病は、現在では「原因不明の難病」に指定され、根本的な治療方法を研究中です。
膠原病による慢性関節リウマチは、関節の痛み以外にも血液などに障害を起こすこともがあり、注意が必要になります。
また、膠原病の中の病気の一つである「全身性エリトマトーデス」も関節の痛みを引き起こすものです。
この全身性エリトマトーデスは免疫不全が原因で起こるもので、関節の痛み以外にも「発熱」「顔に斑点ができる」などの症状が出ます。
膠原病は人によって発症の仕方が異なりますが、共通するのは「関節の痛みを起こしやすい病気である」ということです。
ここで紹介した疾患以外にも膠原病による疾患はたくさんあるのですが、関節の痛みはほとんどの疾患に共通して出る症状です。
膠原病と関節の痛みの関係が、これで解って貰えたと思います。

 

膠原病による関節の痛みには、完治させることができる治療方法はありません。
それでも、薬によって膠原病の関節の痛みを和らげることは可能です。
膠原病には抗生物質は効きませんので、それ以外の薬を、関節の痛みなどの症状に合わせて使用します。
関節の痛みを和らげるためには、「免疫を抑制する薬」などが処方されます。
また、膠原病による関節の痛みが酷くなると「骨粗しょう症」になる可能性も出てきますので、日ごろからカルシウムを多く摂取するなどの工夫も必要になります。
関節の痛みが酷くならないように、骨粗しょう症になるのを防ぐために、カルシウムのサプリメントを飲む人も増えているそうです。
関節の痛みを和らげるためにカルシウムを摂取すると言っても、食べ物から必要な分のカルシウムを採るのは難しいもの。
でも、サプリメントなら無理なく摂取することができ、関節の痛みを良くしてくれるのでは・・・と考える人が多いのでしょう。
サプリメントで関節の痛みが良くなったら嬉しいですよね。
膠原病やそれによる関節の痛みを、早く完治することができる様に・・・と祈ります。